MENU

大学職員はやめとけと言われる理由とは?向いている人の特徴や働くメリットを徹底解説!

大学職員としての勤務を考えている人にとって、どういった仕事内容か、勤務時間は安定しているか、さらには給与は多いか否かなど気になる点は多々あるでしょう。余裕を持って生活できるお金と時間を手に入れることは、人生を豊かにするうえで欠かせません。

しかし、「大学職員はやめとけ」という意見を耳にしたことがある人はいるのではないでしょうか。将来安泰というイメージを抱きますが、なぜそのように言われているのでしょうか。

そこで今回は、大学職員はやめとけと言われる理由とは何なのか、そして働くうえで向いている人の特徴や勤めるメリットを徹底解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

大学職員はやめとけと言われる理由

大学職員はやめとけと言われる理由の画像

大学職員として働くことはやめとけと言われる理由として、主に下記が挙げられます。すべての就職希望者に当てはまるとは言えませんが、参考までにぜひチェックしておきましょう。

  • 個人の功績を評価されにくい
  • イベント前後は激務が想定される
  • 人間関係が難しい

個人の功績を評価されにくい

大学職員はチームで動くことが少なくないため、個人の功績が評価されにくい傾向にあります。そのため、民間企業で営業マンとして働き、成績をあげるほど評価され役職に就く、あるいは給与アップに繋がる可能性への期待が薄いと言えるのです。

今の時代は成績により給与が大きく変わる企業が珍しくないため、高収入を目的に就職あるいは転職を考えている人にとっては希望に沿わず、向いていないかもしれません。

イベント前後は激務が想定される

大学の代表的なイベントとして、オープンキャンパスや就活学生を対象とした企業説明会などが挙げられます。これらのイベントが開催される前後は、通常の業務に加えてイベント準備に追われることから激務が想定される点も、やめとけと言われる理由です。

大学はいわゆる民間企業と違い公的な組織であることから、イベント準備で残業をした際はしっかりと給与に反映されるでしょう。しかし、自分の時間を少なからず犠牲にしなければいけない点は気になるところです。

人間関係が難しい

就職・転職活動をするうえで、いかに働きやすいかを意識する人は少なくありません。そのなかには、労働環境として人間関係の善し悪しが大きなウエイトを占めます。大学職員として働くにあたって、人間関係が難しいとされる点もやめとけと言われる要素です。

一般企業の場合は、上司・同僚・部下といった人と関係性を構築する必要があります。それだけでも相性等により人間関係がうまくいかないケースが多いにも関わらず、大学職員の場合はそこに生徒も含まれます。

また、生徒がいるということはその保護者との関係性構築も求められるでしょう。様々な人との関係性を意識しなければならず、それがストレスを抱えることに繋がり兼ねないのです。

年功序列の風習が色濃く残っている点も大学職員はやめとけと言われる理由

年功序列の風習が色濃く残っている点も大学職員はやめとけと言われる理由の画像

大学職員は安定した給与や休みを確保しやすいなど働くうえで環境が良いことから、転職者・退職者が出にくいです。そのため、年功序列の風習が色濃く残っている職種と言えます。

今では民間企業において年功序列制度はなくなりつつあり、若くして頭角を表す人材は少なくありません。20代で高年収を得ている、役職に就いているなどから、働くうえでのモチベーションを維持しやすいと言えるでしょう。

その点、大学職員は若手が活躍しにくい環境となるため、モチベーション維持が難しい点も「やめとけ」と言われる理由と考えられます。特に年功序列に不満を感じない人にとっては気にならない部分かもしれませんが、環境については事前に把握しておきましょう。

やばい?オワコン?大学職員として働くデメリット

やばい?オワコン?大学職員として働くデメリットの画像

ネット上では「大学職員はオワコン」と言われています。勤務先として安定感があるイメージを持ちますが、なぜそのような言い方をされるのか。その理由として主に下記が挙げられるため、ぜひチェックしておいてください。

  • キャリアチェンジがしにくい
  • ルーティンワークが苦痛に感じる
  • 新しいやり方は受け入れられにくい

キャリアチェンジがしにくい

大学職員の仕事内容は基本的に同じであることから、様々な経験を積みにくいと言えます。つまり、働きながらスキルを身に付けることが困難なため、キャリアチェンジがしにくいです。色々な仕事に取り組むことで自然とスキルが身に付く業務内容と言えない点は、大学職員として働くうえでデメリットに感じるでしょう。

ルーティンワークが苦痛に感じる

大学職員の仕事は基本的に毎年同じであり、ルーティンワークが苦痛に感じる可能性がある点はデメリットと言えます。毎日とは言わなくとも、違った業務に取り組みながら成長していきたいと考えている人にとっては、物足りなさを感じる恐れもあります。

仕事内容として、新たな流れに慣れる必要がない点を魅力と感じる人はいるでしょう。コツコツと同じ業務を忠実にこなしていきたい人にとって、ルーティンワークという面は好都合かもしれません。

新しいやり方は受け入れられにくい

大学職員は同じ業務を繰り返すという特徴があり、いわば公務員と近しい仕事内容です。安定した経営を目標にする傾向があることから、新たな挑戦をする可能性は極めて低いと言えます。要は、安全な経営を続けるためにやり方は基本的に変えないことを意味しているのです。

新たな仕事のスタイルを取り入れたいという願望が強い人にとっては、今までのやり方を崩さない大学職員の働き方は物足りなさを感じるかもしれません。

大学職員として働くメリット

大学職員として働くメリットの画像

大学職員はやめとけと言われるデメリットとなる要素ばかりではなく、主に下記のメリットもあります。就職するか否かを決めるうえで重要な判断材料となるため、ぜひチェックしておきましょう。

  • 定時で帰宅できることが多い
  • 休みを取りやすい
  • 収入が安定している

定時で帰宅できることが多い

大学職員として働くうえでのメリットに、勤務時間が安定している点が挙げられます。大学により異なるケースはもちろんありますが、基本的には朝9時〜18時頃が勤務時間帯です。

極端に朝が早い、帰宅が遅いといった可能性が少ないことから、ワークライフバランスが取りやすいと言えます。独身で自分の時間を大切にしたい、家庭を持っており家族との時間をしっかりと確保したいという希望に沿える職業と言っても過言ではありません。

また、大学によっては土曜日に講義を実施している場合もあります。そのため、平日に時間を確保したいという人の希望に沿える可能性もあるのです。なお、一般的には入試時期や履修登録完了時期などの繁忙期にあたるタイミングは忙しくなる傾向にあります。

休みを取りやすい

大学職員は有給の他に、長期休暇が取れるような体制を整えているケースが少なくありません。そのため、しっかりとリフレッシュできる環境であることはメリットと言えます。

働き出してからも定期的に旅行に出かけたい、自分あるいは家族との時間を大切にしたい、オン・オフの切り替えがしやすいよう働きたいなど、要望を満たせる可能性に期待できます。

収入が安定している

大学職員は収入が安定している点がメリットです。私立大学では定期昇給に加え、ボーナス・家族手当・住宅手当など充実した給与体系が整っていることは少なくありません。

定時で帰宅できる、休みを取りやすい、給与が良いなど、働くうえで多くの人が求める要素が満足できるレベルである点は大変魅力的です。

大学職員が向いている人の特徴

大学職員が向いている人の特徴の画像

大学職員が向いている人の特徴として、主に下記が挙げられます。

  • 環境を重視して仕事を選びたい人
  • 人の教育に携わりたい人
  • コミュニケーションが得意な人
  • ルーティンワークが苦でない人

環境を重視して仕事を選びたい人

大学職員は定時での帰宅や休みを確保しやすい、さらには収入面が安定しているなどの要素から、仕事選びをするうえで環境を重視したい人におすすめです。一般企業に見受けられるサービス残業や早朝出勤、夜遅くの退社などは少ない傾向にあります。

職場環境の善し悪しは、自分の人生を充実させるか否かを左右すると言っても過言ではありません。その点において、大学職員は希望を満たせる可能性に期待できる職業と言えるでしょう。

人の教育に携わりたい人

大学職員は生徒と向き合い、これからの人生を輝かしいものにするため手を差し伸べる存在です。そのため、教育に携わりたい人にとっては理想の職業と言えます。教授が使用する物品の発注や管理、教室の維持など、大学を支える存在であることにやりがいを感じられるでしょう。

コミュニケーションが得意な人

大学職員は同じ職場のみならず、生徒や保護者など幅広い人と接する仕事です。そのため、コミュニケーションが得意な人にとっては向いていると言えます。

学生にとって就職を控える大事な時期であることから、相談を受けることも考えられるでしょう。その際に、どういった対応を取れるかによって生徒のこれからを切り開くきっかけとなれる可能性があるのです。

一般企業に勤めていてはできない体験があることにやりがいを感じられるため、多くの人とコミュニケーションを取りたい人に向いている職業となります。

ルーティンワークが苦でない人

大学職員の業務は、基本的にルーティンワークが少なくありません。毎年時期により実施する業務が決まっているため、ある程度の流れは変わらないのです。そのため、新たな業務に積極的に挑戦したいという考えではなく、同じことを繰り返すことが苦でない人に向いています。

なお、実際に働き出してからルーティンワークに辛さを感じた場合は、部署異動を検討することでストレス緩和に繋がるでしょう。

大学職員が向いていない人の特徴

大学職員が向いていない人の特徴の画像

大学職員として働くうえで、向いていない人の特徴に下記が挙げられます。

  • 年功序列を避けたい人
  • 自分で考えて行動を起こしたい人
  • 転職・独立・起業を考えている人

年功序列を避けたい人

大学職員は年功序列が色濃く残っている職種と言えます。そのため、若くして役職に就きたいといった気持ちで仕事に打ち込む人にとって、モチベーション維持が難しいです。年功序列の風習があると、若い社員はいくら成果をあげても評価に繋がりにくいため転職を考えざるを得なくなるのです。

いわゆるベンチャー企業は年齢を特に意識せず、成績優秀者を積極的に評価し給与にも反映させるスタイルとなります。20代でも年収1,000万円超えの社員は珍しくなく、働くうえでのモチベーション維持の要素となっているのです。その点、大学職員には刺激が足りないかもしれません。

自分で考えて行動を起こしたい人

企業に勤めている場合、仕事の効率化を図るため何か変革をもたらしたいというモチベーションで取り組んでいる人は少なくないでしょう。特に若い世代が多いベンチャー企業は新たな風を取り入れるべく、社員の声に耳を傾ける傾向にあります。

その点、大学職員は今までのやり方を変えたがらないことから、自分で考えて行動を起こしたい人は物足りなさを感じるかもしれません。ルーティンワークという特徴から変化を嫌う傾向にあるため、常に新しい方法を模索している人は受け入れてもらいにくいでしょう。

転職・独立・起業を考えている人

大学職員は基本的に同じ業務を繰り返すことから、新たなスキルを身に付けたり日々の仕事で成長に繋げたりが難しいと言えます。そのため、身に付けた能力を活かし転職したい、独立・起業を視野に入れている人には向いていません。

マニュアルに沿った業務の繰り返しは成長を止め、自身のキャリア形成に繋がりにくいです。特に変わらず定年まで働ければ良いという考えの人は別ですが、刺激ある人生を求める人にとっては魅力を感じにくいでしょう。

新卒でも大学職員になれる?

新卒でも大学職員になれる?の画像

結論から言うと、新卒でも大学職員になることは可能です。なお、大学職員として採用されるにあたり、下記の項目はクリアしておく必要があります。

主な項目
  • 大卒以上
  • 活かせる資格の保有が好ましい

大学教授になるには、大卒以上の学歴が求められます。すべてではありませんが、高卒や専門学校卒の場合は応募すら受け付けてもらえない可能性があるのです。なお、大卒の場合は条件を満たしていると言えるため、大学院卒である必要はありません。

そして、内定率を少しでも上げるためには、資格の取得が好ましいです。活かせる資格があれば即戦力として認めてもらいやすくなることから、理想の働き方が手に入りやすいと言えます。なお、応募条件として資格保有者でなければ申し込みできないといったルールは設けていないため、誰でも購入可能です。

大学職員に転職し後悔したと感じる理由

大学職員に転職し後悔したと感じる理由の画像

大学職員に転職をして後悔した経験を紹介すると、主に下記が挙げられます。いざ働き出してからギャップに苦しまないよう、事前に把握しておきましょう。

転職し後悔を感じた理由
  • 若いうちは高年収に期待できない
  • 出世したい人には不向き
  • 人間関係の構築が難しい

大学職員は年功序列の傾向があることから、ある程度の期間に渡り勤めなければ高年収は期待できません。若くしてお金を稼ぎたいという意欲を持ち仕事に取り組んでいる人にとっては理想とかけ離れているため、働くモチベーションを失ってしまいかねないでしょう。

なお、年功序列という風習から出世したい人にも不向きです。20代や30代などの若い世代がいくら活躍しても、今いる上層部が役職等を降りない場合は出世が難しいでしょう。

また、人間関係の構築が難しい点も転職し後悔を感じた理由に挙げられます。大学教授は年配の人が多い傾向にあるため、職員として勤める若い社員の声にはあまり耳を傾けません。見下される場合すらあり、変にランク付けされることは転職を後悔する要素となるのです。

大学職員求人を掲載するおすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式画像
引用:https://www.r-agent.com/
おすすめポイント
  • 豊富な求人数と実績を誇る業界大手の転職エージェント
  • 求人紹介から内定獲得までトータル的にサポート
  • 正社員・契約社員などの大学職員求人を保有

リクルートエージェントは業界最大手の一つとなる転職エージェントで、豊富な求人を保有しています。公開分だけでなく一般には非公開となる求人も数多く扱っているため、今までに出会ったことがない仕事との巡り合わせに期待できるでしょう。

在籍するキャリアアドバイザーは今までの豊富な経験を活かし、転職活動を支援してくれます。求職者の希望・スキルなどを踏まえ求人を厳選してくれるため、理想に近い働き方が期待できるでしょう。また、提出書類の添削や面接対策、さらには独自に分析した業界・企業情報の提供など手厚いサポート体制です。

大学職員の求人に関しては、正社員・契約社員といった雇用形態のものが掲載されています。仕事内容や必要な経験・能力などが丁寧に記載されていることから、事前に情報収集できる点は魅力です。面接力向上セミナーや自己分析セミナーなどが随時開催されているため、ぜひ足を運んでみてください。

求人数※2023年5月29日時点384,140件(非公開求人286,262件)
主なサポート内容求人紹介、提出書類添削、面接対策
主なサービス転職イベント、セミナーの開催
対応エリア全国
運営会社株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント公式画像
引用:https://mynavi-agent.jp/
おすすめポイント
  • 2023年オリコン顧客満足度転職エージェント部門で総合1位を獲得
  • 各業界専任制のアドバイザーが転職活動を支援
  • 企業担当アドバイザーによるバックアップで内定率アップに期待

マイナビエージェントは2023年のオリコン顧客満足度調査「転職エージェント」にて総合1位を獲得しており、多くの人に高く評価されています。転職回数別・年代別といった一人ひとりの状況に合わせたサポート体制は、高い満足度に繋がっている理由と言えるでしょう。

在籍しているキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制であり、各職種の転職事情を熟知している点が特徴です。大学職員というジャンルにおいても、過去の転職支援経験を活かし適切なアドバイスを実施してくれます。希望をしっかりと汲み取り、数ある求人から最も理想に近いものを紹介してくれる点も魅力です。

そして、キャリアアドバイザーとは別に企業担当アドバイザーが在籍しています。企業の人事担当者とやり取りし職場の雰囲気や職場環境など、求人票に載らないリアルな企業情報を届けてくれるため転職活動に活かせるでしょう。

求人数※2023年5月29日時点63,170件(非公開求人18,426件)
主なサポート内容求人紹介、応募書類添削、模擬面接
主なサービス年収交渉、入社日調整、内定後のバックアップ、転職相談会、転職成功ノウハウの提供
対応エリア全国
運営会社株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式サイト

doda

doda公式画像
引用:https://doda.jp/
おすすめポイント
  • 転職市場に精通した専門スタッフが大学職員求人を厳選
  • 採用プロジェクト担当が企業との交渉を担当
  • スカウトサービスによる転職活動の幅が広がる

dodaは転職市場に精通した専門スタッフが在籍し、キャリアプランの相談や求人紹介など徹底的にサポートしてくれます。求職者の希望を踏まえ、適切な大学職員求人を紹介してくれるため理想の働き方が手に入りやすいです。また、応募書類の添削や面接対策なども実施してくれるため、転職活動が初めての人でも安心です。

キャリアアドバイザーとは別に企業の人事とやり取りする採用プロジェクト担当も在籍しています。企業への応募書類の提出や面接日程の調整、さらには選考結果のお知らせなどを代行します。採用計画・求める人物像・職場環境など、転職活動に活かせる求人票に載らない情報を提供してくれる点も特徴です。

そして、スカウトサービスにより企業側からのアクションがある点も魅力と言えます。面接確約オファーが届くと書類選考をパスできるため、内定率アップが期待できるでしょう。応募だけでなく誘いがあることで、思いも寄らない仕事との出会いがあり得ます。

求人数※2023年5月29日時点198,252件
主なサポート内容求人紹介、応募書類添削、面接対策、スカウトサービス、転職活動手続き代行
主なサービスオンライン仕事力診断、イベント・セミナー、年収査定、転職タイプ診断
対応エリア全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式サイト

大学職員はやめとけに関するよくある質問

大学職員はオワコン・やめとけと言われる理由は?

個人の評価が受けにくい、時期により激務が待っている、ルーティンワークが苦痛などが挙げられます。また、人間関係の構築も難しいです。大学内の人だけでなく社外とのやり取りも入ってくることから、コミュニケーションが苦手な人にとってデメリットとなるでしょう。

大学職員に向いている人は?

環境を重視して仕事を選びたい人、人の教育に携わりたい人、コミュニケーションが得意な人、ルーティンワークが苦痛でない人などが挙げられます。

大学職員は新卒でも問題ない?

大学職員は新卒でも問題なく勤めることが可能です。基本的に大卒であることを満たしておけば応募対象となるため、内定獲得に向けた行動に移れます。なお、内定率アップには資格取得も重要です。即戦力として迎え入れてもらうため、どの資格が業務において役立つかをリサーチしておいてください。

まとめ

この記事では、大学職員はやめとけと言われる理由とは何なのか、働くうえで向いている人の特徴や勤めるメリットなどについて解説しました。

やめとけと言われる理由として、個人の成績を評価されにくい、イベント前後の激務、人間関係の難しさなどが挙げられます。また、年功序列の風習が色濃い点も、若い世代にとっては不満に繋がる要素です。

しかし、それらを払拭するメリットがあることを忘れてはいけません。大学職員はワークライフバランスが取りやすい、収入が安定しているといった魅力ある職業です。そのため、一概に「やめとけ」という情報を鵜吞みにせず、まずは自分に適した仕事かをしっかりとリサーチすることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次